先日の

先日、手術を受けてきました。

手術室に入るのは、

ポリープ摘出の時以来かなぁ。

今回は、病理検査待ちで、

何かは分からないんですが、

しこりの摘出でございました。

最初は何かこりこりあるな〜、

ぐらいのサイズだったんですけど、

短期間の間に大きくなって(0;。

どこを受診して良いかも分からず、

とりあえずかかりつけの病院へ行きました。

先生によると、アテローマにしては硬いし、

何かがはっきり分からないとの事。

アテローマの説明。

アテローム粉瘤ふんりゅう、アテローマとは、

一般的にしぼうのかたまりと呼ばれることがありますが、

実は本当の脂肪の塊ではありません。皮膚の下に袋状の

構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢角質と

皮膚の脂皮脂が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまって

できた腫瘍の総称です。

で、総合病院の皮膚科へ紹介状を書いてくれました。

総合病院でMRIと超音波の検査もしたんですが、

それでもはっきり何か分からず(i)。

悪性の可能性も捨てきれないので、

摘出手術となったわけですね。

大丈夫だと分かっていても、

手術って緊張しますよね〜。

局部麻酔だったので、手術室の音とか、

執刀医、担当医、看護師のやり取りも

全部聞こえますし、

血をふき取ったりも分かるんですよね〜。

ま、この辺りは、さかまつげの手術で

経験済みではあるんですが。

手術は30分ほどで終わりました。

患部が思ったより深かったようですが。

麻酔が切れても、思ったほどの痛みはなくて、

有り難かったです。

今は思うように動かせないので、

不便は不便ですけどね。

通常の状態に戻るにはまだ少しかかりますが、

とりあえず無事に終わって良かった