眠りの牢獄

作者浦賀和宏

総合35

ミステリ、代理殺人

あらすじ階段から落ちた恋人亜矢子は意識不明のまま昏睡状態に陥る。それから五年、浦賀は亜矢子の兄に呼び出され、友人の北澤吉野と共に階下の地下室に閉じ込められてしまう。解放の条件は彼女を突き落とした人物自身の告白だった。外部で進行する代理殺人の本当の目的とは何か。驚愕の結末は予測不可能。

感想ページ数が少ないながらよくまとまっている。オチにも納得出来るしミステリとして良作。ただヒロインの影が薄すぎる。でもトリックを考えるとそうせざるを得ないのかな。さくっと読めるのでカフェで一時間くらい有意義に時間潰したいときに最適だと思うー!

ネタバレ

いわゆる性別誤認トリック。前半の雰囲気でそれがわかるが誰が性別誤認されてるかがどっちかで迷った。女同士のほうだったかー!!

交換殺人の必然性も地下室に閉じ込められた理由も納得できる。

広告を非表示にする