本当の望みを生きることで自分も周りも幸せに

みなさまあけましておめでとうございます

2018年が始まりましたね。

今年はどんな年になるでしょうか。

激動の中で自分の本当の望みが洗い出されていくような予感がしています。

そんな日に氣づきのメッセージを今年も書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします

本当の望みってわかりにくいですよね

自分の内に深く入っていくたびに

自分が氣がついていなかった自分を知り

怖れから身を守っていた事を知り

本当の望みを深く封印していた事を知る

そんな年末年始だったように思います。

正確に言えば

半ば氣づいていながら

上手に見ないようにしている。

うまい理由をつけて諦めている。

だって

本当に自分が幸せになっていいと思えてなかったから。

そこそこの幸せで

周りの人に貢献してその人が自分のおかげでそこそこ幸せそうで

まあこれで満足じゃない?

って。

私を一番喜ばせなくったってここは無意識に埋没する

周りが喜ぶなら私は幸せって。

ずっとあり続ける

見ないようにしている怖れや怒りや悲しみ

ふと感じる違和感

そんなサインさえも見ないようにしたら

本当の望みなんか簡単に埋没する。

だから諦めたくない私もずーっといる。

意味のわからない怖れや違和感を

見ないようにするんじゃなくて

サインとして手掛かりにしたい。

それは

過去の私によくやった!ってほめてあげたい

ここからは

サインも手掛かりにしながらも

本当の望みそのものにもっともっと意識を向けていこうと思う。

実は本当の望みは

何度も何度も書いてきたような事だと思うのだけど笑

それを真ん中に実現していい

って

ちゃんと許可して

その望みの実現している時の心理的状態でいること。

自分の現状に比べて理想が高すぎて

高い高い山に一氣に登れないからといって

自分はダメだと

登る前から意気消沈しているような時がたくさんあったなぁ笑

それでも一歩ずつ登ってここまで来たな。

昔に比べたらホントに楽に生きていて

日ごと日ごとに良くなっている。

この登って来た事を

後から来る人に渡していきたいな。

と思ってブログを書いたりセッションしたりしてるのもある。

私が私の望みを生きて幸せなことが

周りの人が望みを生きて幸せである事にもつながる。

周りの人の望みを叶える事で

自分が幸せを感じるという順番ではなくてね。

自分も周りも幸せ

って

言葉にすれば同じなんだけど

順番が違うと全然次元が違ってしまうね。

自分も周りも幸せ

そしてそれは

私が私の望みを生きて幸せなことが

周りの人が望みを生きて幸せである事にもつながる。