自分の機嫌は自分で取れません

ブスが美人に憧れて人生が変わった話でお馴染みのフジコさん。

美人は性格が悪いって本当!?ブスが美人に憧れて人生が変わった話。(大和出版)

Amazon

毎日ツイッターを見させていただいているのですが、最近結婚されたようです。

そこで頻繁に出てくる言葉で気になるのが、自分の機嫌は自分で取るということ。

私の場合、機嫌が悪い時は低血糖時であり、楽しいことをして気分転換するとか音楽を聴いてリフレッシュするとかそういった次元のことは通用しません。

もうナイアシンアミノコンプリートペプタ100、もしくはおにぎりなどの食べ物を食べないと復活しません。

そういえば、発病前も私はかなり情緒が不安定でした。

自分でも何でこんなに心が不安定なのか辛かったなぁ

人に言われたことをずっと気にしたり尾を引いたり、罪悪感に苦しんだり、自己嫌悪しまくったり嫌なことを引きずってイライラしたり過去のことで人を憎んだり、とにかく不安に襲われたり、孤独感に苦しめられたり。

今嫌なこと言われることは滅多にないのですが、仮に嫌なことがあっても引きずって暗くなったりイライラすることはありません。

そりゃムカつくこともイライラすることもありますが、すぐに過ぎ去ります。

今までの情緒不安定さは低血糖の症状だったのだと今では思います。

低血糖症じゃない人でも情緒不安定だったり機嫌が悪くなることは当たり前のことなんだろうか??

その一方で強力なメンタルの持ち主や情緒が安定して落ち着いている人もいる。

この違いってやっぱり血糖値が大きく関係しているのではないだろうか。

全ての人が機嫌が悪くなる、情緒不安定になるというのが低血糖症に結びつくとは分からないけれど、自分の実体験ではフジコさんは低血糖症気味な感じがする。